サイトメニュー

プチ小顔術で痛みも改善

看護師

ボツリヌス・トキシン注射の多用な効果

奥歯をグーっと噛んだときに、頬の横辺りにぷっくりと浮き出てくる筋肉があるかとおもいます。これは咬筋と呼ばれるもので、頬骨のアーチから下顎のエラについている筋肉です。ここが張っていたりすると、顔が大きくみえてしまったりすることがあります。そんな咬筋のエラ部分に、ボトックスを打ちます。頬骨などの上の部分ではなく、エラの際部分に打つのがポイントです。よく、エラボトックスは頬がたるむんじゃないかとか、こけたりすることがあるんじゃないかと心配する方もいます。それは、打ち方が悪いケースや、ボトックス注射の材料があまりいいものではなかったりすると、発生してしまう症状です。ちゃんとした材料で作られたボトックスで、正しい箇所に注射をすれば、副作用は出ることはありません。エラボトックスの効果は、小顔だけでなく、歯軋りや顎関節症の改善にも効果があります。歯医者に行ったけど改善しない方、マウスピースだけでは、顎関節や歯軋りが治まらない方も受けられます。咬筋は元々、咬む力を支える筋肉なので、小顔だけでなく歯に関する症状も改善されることがわかっています。かといって、注射をすることで、咬む力が弱まったりすることはないので、安心してください。
顎関節症は、顎の筋肉が緊張することで固くなり、開けたりするときに痛みを感じる病気です。顎を支えている筋肉は表面上にある筋肉と、骨の裏側にある筋肉の2つがあります。痛みを出している原因の筋肉は、表面上にある筋肉です。痛みが発生する原因ですが、ストレスや食い縛り、よく口を大きく開けていたりすることが、主な原因となっているようです。マッサージをしたり、食い縛りの時間を減らしたりすることで、改善されることもあります。ですが、慢性的な顎関節の痛みには、このボトックス注射を治療の1つとして選択されます。ボトックスをエラに打つことにより、痛みを出している筋肉をほぐすことができます。効果は、2週間ほどで出てきて、1ヶ月頃にはほとんど痛みがなくなります。こうした筋肉の緊張と張りに絶大な効果を発揮するので、エラだけでなく、首や肩、足、腕に打つこともあります。美容目的だけでなく、筋肉の痛みにも使われるので、今美容以外で注射を打ちに来る方も多いです。注射に使われている材料にもよりますが、長くて約半年から1年間程効果が持続します。効果が切れたら、また同じように、定期的に注射を打つことも可能です。薬を飲まずして、効果が長く持つので、顎関節や歯軋りに悩んでいる方にも注目されています。

Copyright© 2019 施術をする前に理解しておきたいことは何か All Rights Reserved.